スポンサード リンク

チアシードジェル、チア・ウォーターの作り方

今回は以前の記事で紹介したチアシードジェルとチアウォーターの作り方を紹介していきたいと思います。まずチアウォーターから紹介していきますね。用意するものはチアシード1/2カップ、水約10?、ライム、またはレモンの搾り汁砂糖(お好みの分量で)作り方は、まずライム、レモンの搾り汁と、砂糖、水を混ぜ合わせます。

そこにチアシードを加えてシェイクする。たったこれだけです。簡単でしょ?ただ、注意点としてはチアシードは水分を吸収してどろどろになってしまいます。こちらで紹介した分量ではとても一度に飲みきれる分量ではありませんので、自分で量を減らして調節はしてみてください。

次にチアシードジェルです。用意するものは水とチアシードたったこれだけ(笑)作り方ですが、水とチアシードを9対1の割合で混ぜ合わせます。次に、密閉できるようなプラスチックに入れて少しずつ泡だてていきましょう。2〜3分放置→かきまぜる→10分放置で完成。使用する前にはまたかき混ぜて使うようにしてください。密閉して冷蔵庫で保存すれば1〜2週間くらいはもつようです。人によって好みの濃度があると思いますので、そこらへんはご自分で調節してみてください。

posted by チアシード at 14:03 | チアシードの食べ方飲み方

チアシードの食べ方飲み方2

チアシードは、その水分を吸収し約10倍にまで膨らむその高い膨張性からダイエット食品として注目されていますが、それと同時に食物繊維が豊富で便秘解消に効果があることなど体にさまざまな好影響を与えてくれます。またチアシード自体には味があまりなく淡白であることから
飲み物に混ぜたり食べ物に混ぜたりいろんな使い方ができるのも特徴です。

前回はチアシードを飲み物に混ぜる方法を紹介したので、今回はチアシードを料理に使って摂取する方法を紹介したいと思います。チアシードを食べ物として摂取するうえで最も簡単なのはジェルにしてしまうこと。チアシードは先ほど述べたように、高い膨張性を持っていますが水の中に入れてずっと放置しておくとどろどろになりジェル状になります。そのジェルを食べ物に混ぜることでいろんな使い方ができるんです。

チアシード・ジェルを、ゼリーやプリンに混ぜてみたり、ケチャップ、マヨネーズ各ドレッシングなどに混ぜることによって、カロリーカットが期待できますね。チアシードをジェル状にしても、多少の歯ざわりは残りますので最初は気になるかもしれませんが慣れれば全然大丈夫な範囲だと思います。その他ホットケーキに混ぜてみるとかいろんな使い方ができると思いますので、いろいろ試してみて自分にあった食べ方を探してみましょう。自分オリジナルのチアシードレシピができますよ^^
posted by チアシード at 15:52 | チアシードの食べ方飲み方

チアシードの食べ方飲み方

チアシードは、食物繊維が豊富で便秘解消に効果があること、また胃の消化液や水などで約10倍にまで膨らむことから満腹効果が持続しダイエットにも好影響を与えることなどで注目を与える食品です。しかし、チアシードは日本ではあまりなじみのない食品であるためどうやって食べたらいいのかわからない人もいると思います。チアシードを摂取するのであればやはり飲み物等で摂取するのが一番手っ取り早く簡単にできますよ。

アメリカでは、チア・ウォーターと呼ばれている、チアシード入りのレモネードがあります。飲み方はいたって簡単で通常のレモネードにただチアシードを混ぜるだけです。簡単でしょ?もちろんチアシードだけでなく自分の好きな飲み物にチアシードを混ぜればよいと思います。しかし注意点が一つありまして、チアシードは先ほど書いたとおり水分を吸収して膨らむ性質を持っています。ですので飲み物に混ぜてチアシードを摂取する場合は飲み物に混ぜてすぐ摂取しないとどろどろになってしまいますので注意しておきましょう。

チアシード自体には味はあまりありません。基本的にどの飲み物にも
あうと思いますのでいろいろ試してみて、自分にあった飲み方を探すのも楽しみの一つかもしれませんよ〜
posted by チアシード at 22:19 | チアシードの食べ方飲み方

検索順位チェックツールseo-R
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。